水道光熱費

住まいの賃貸契約なども完了し、入居することがきちんと決まったら、今度はそこに住んだ後に必要となるものの契約手続きが必要になります。その手続きとして代表的なものが水道光熱費です。水道光熱費とは、その名の通り、水、光イコール電気、そして熱、例えばガス等にあたるものの総称です。これらを水道光熱費、あるいは光熱費という風に呼びますが、いずれも同じ意味になります。水道光熱費は、生活する上でとても大切ですので、入居開始時にはすぐに使用出来るようにしっかり確認することが重要だと言えるでしょう。水道光熱費は取り扱いの会社や自治体等の違いにより、手続き方法が異なる可能性もありますので、事前に確認しておくと安心だと思います。手続きに多少の違いがある可能性はありますが、ご参考までに私が一人暮らしを始めた際に行った水道光熱費の手続きについてご紹介いたします。まずは水道ですが、これは本来、水道の利用開始の為の契約手続きを行い、水道費の引き落としの口座を設定する為、口座振替用紙を貰いにいかなくてはいけなかったようなのですが、住まいを借りる際に申し込んだ不動産会社の担当者が良い方で、水道局に別の手続きで行く予定があるのでと水道使用の申し込みを代理でおこなってくださり、用紙も貰ってきてくださったので、私は記入して返送するのみで手続きが完了出来ました。どのようにして手続きを取って良いかわからない場合、不動産会社に手続きの為の連絡先窓口を知らないか、相談してみるのも良いと思います。続いて電気ですが、これは私の住む地域を管轄している電気会社に電話するだけで、いつから使用したいという日時を連絡すると使用出来るようになりました。その際に住所や氏名、電話番号を伝えて、その後送られてきた用紙で電気代金を支払う為の書類が郵送されてきて手続きを取りました。そして、ガスの使用開始については、そのマンションが都市ガスを利用していた為、そちらの新規契約窓口に電話しました。すると、ガスの回線手続きが必要と言われ、都合の良い時間を確認の上、担当者が来てくれました。後日、ガスの開栓手続き時に、保証料金という名目で1万円を徴収されました。これは、何も問題なければ退去時、ガスを閉栓する時に返金してくださるとのことでした。実際に退去時に返金して頂いています。

毎日の健康のために有益なグルコサミン情報がここにあります。

ビタミンについてのWebサイト
効果や効能、食品情報などについて