賃貸契約

良い物件が見つかれば、いよいよ賃貸契約となります。住まい選びにおいては、皆さん一生懸命、立地や間取り、設備、家賃等、こまめにチェックすると思いますが、賃貸契約の手続きも非常に大切なので、ポイントを抑えておくと良いでしょう。まず、賃貸契約はこの家がいい、借りたいと思っても、契約したら住めるという簡単なものではありません。賃貸契約はまずは申し込むもので、実際にはこの人に貸してきちんと家賃を継続して払ってもらえるのか?という貸し手側による審査があります。これを経て初めて、借りてもいいですよ、と許可が下りるような仕組みになっています。では、その借りてもいいですよ、という許可が下りた後は、賃貸契約を行うこととなります。これは多くの場合、その賃貸物件を管理している不動産会社にて担当者と行うことになりますが、大家さんが直接その物件を取り扱っている場合には、大家さんと対面して手続きを行うこともあるでしょう。賃貸契約書には、いろいろな事項が書いてあります。きちんと内容の読み合わせをしてくれることがほとんどだとは思いますが、万が一すぐにサインと捺印を求められても、内容を確認し納得出来なければサインや捺印、口約束も安易にしないことです。借りている間ずっと有効となる契約ですから、面倒であっても必ず内容を確認し、不明点はクリアになるまで質問してきちんと把握するようにしたいものです。また、自分が入居時に払う金額の明細もしっかりと一覧表にしてもらいましょう。大抵は一覧表にしてくれたり、明細を領収書に記載してくれますが、ポイントは支払う前にきちんと確認してもらうということです。例えば私の例で言うと、以前に賃貸マンションの契約をした際、今まで一言も説明が無かったのにも関わらず、支払金額の一覧表を見ると、火災保険料が加算されていました。確かに、火災保険料は、万が一の火事に備えて、もちろん合ったほうが良いと思います。でも、どこの会社の火災保険で、どういう保障内容かも分からないのに、入らなくてはいけないんだろうかと疑問に思ったので、不動産会社の担当者に必ず入らないといけないのかを確認しました。すると、任意です、との事だったので、後から希望した時に加入出来るかということも確認した上で外してもらいました。その後、自分で火災保険料と保障内容の比較を行った上で別の保険会社を利用することで、ほぼ同じ保障内容で保険料を抑えることが出来ました。その他、大家さんに支払う礼金が家賃一か月分必要だったところを、不動産会社を通じて大家さんに交渉してもらい、礼金の支払をサービスしてもらうことが出来ました。もちろん、何でもお願いして省いてもらったりサービスしてもらえるということではありませんが、納得できなければきちんと質問し、あるいはお願いしてみたりすることは是非行ってみて欲しいと思います。聞くだけはタダですから、遠慮せずに確認したいところです。当然、ただのワガママやクレームを行ってはいけませんので注意が必要です。何より大切なのは、賃貸契約の内容、自分が支払う賃貸契約に関する金額の内訳について、自分でも理解をしたいものです。

アントシアニンに興味をもったら見る情報紹介サイト